Welcome to Gimhae Dear respected citizens of Gimhae City and netizens of the world We welcome you to the homepage of Gimhae City


伽耶文化祭

祭りの名称 第40回伽耶文化祭り(ホームページ :www.gcfkorea.com)
期間 2016年4月20日(水)~4月24日(日)、4日間
祭りの内容 公式行事、民俗行事、祭り行事、体験行事、設置行事、併催行事
会場 大成洞古墳群、首陵園、伽耶通り、海畔川一帯

意味

金海地域の代表的な伝統文化芸術祭りである伽耶文化祭りは、駕洛国を建国した金首露王の創国精神を称えるとともに優れた伽耶文化を継承・発展させ、市民の和合と団結を図る祭りである。り行事

由来

伽耶文化祭りは西暦42年に金首露王が駕洛国を建国した後、約500年にわたって鉄器文化と海上交易をもとに輝かしい文化を花咲かせた昔の人々が残した文化遺産の精神を振り返り、これによって金海市民が誇りと自負心を持てるようにし、さらには世界各国に伽耶文化のすばらしさを広めるべく、1962年から首露王春享大祭日(旧暦3月15日)に合わせて開催された駕洛文化祭と、伽耶文化遺産のユネスコ世界文化遺産登録を目標に2年間開催されてきた伽耶世界文化祝典が統合され、2007年に新しい形を整えて出発した。

紹介

伽耶文化祭りは六伽耶の盟主だった金官伽耶(駕洛国)を基盤とした歴史と伝統を誇る金海市の歴史文化祭りで、国内外共にレベルの高い祭りと位置づけられている。
金首露王は西暦42年に伽耶を建国し、48年にインドの阿踰陀国の王女である許黄玉と結婚した。これは朝鮮半島史上最初の国際結婚だった。伽耶は早くから土器・鉄器文化が発達していたため中国、楽浪、日本などの近隣諸国と交易し、北東アジア国際交流の中心地として輝かしい文化を花咲かせた。

悠久の歴史と独創的な鉄器文化を秘めている金海は、伽耶文化祭りによって伽耶文化を世界的な文化遺産として保存するとともに継承・発展させており、高句麗、百済、新羅と共に第4の帝国・伽耶が存在したことを証明している。

今年で40回目を迎える伽耶文化祭りは「金首露王と許皇后の永遠なる愛の道」というテーマで、伽耶の歴史文化に触れられる様々なプログラムを設けて観覧客を迎える準備ができており、特に「第38回伽耶文化祭り」は伽耶文化を創造的に再現するプログラムや観覧客が直接参加できる体験プログラムの開発に焦点を当てて企画され、輝かしかった伽耶文化が感じられる意義深い場になるとみられる。

担当者:チョン・サンジェ [文化芸術課、055-330-3944]