Welcome to Gimhae Dear respected citizens of Gimhae City and netizens of the world We welcome you to the homepage of Gimhae City


観光案内(Three Park)

観光案内(Three Park)
金海伽揶テーマパーク, 金海洛東江レールパーク, 金海ロッテ·ウォーターパーク

金海伽揶テーマパーク

  • 住所:金海市伽揶テーマキル161(漁防洞)
  • お問合せ電話番号:055-340-7900~1
  • ホームページ :www.gaya-park.com

金海市漁防洞の盆山頂上一帯、179,000㎡の敷地に635億ウォンを投入し造成した金海伽揶テーマパークは、高句麗·百済·新羅とともに長年の繁栄を享受した第4帝国である伽揶の優秀な文化を再照明し、この地を訪れる観光客が伽揶の歴史と文化をひと目に見て、感じて、多様な体験公演を楽しめるよう造成した。巨大な敷地に太極殿、駕洛正殿、王后殿などの伽揶王宮を完璧に再現し、スリルある冒険空間の「伽揶武士アドベンチャー と600席規模のミュージカル公演場、キャラバン∙キャンピングなどの各種便宜施設を備えた歴史と現代文化が共存する空間として誕生した。
金海伽揶テーマパークは、地域住民の文化的自負心をより高め、伽揶の中心、歴史·教育·文化都市へと生まれ変わりつつある金海市の代表的なテーマパークである。

交通案内

  • 乗用車をご利用の場合
    • 東金海IC 総距離 : 7.31㎞ 所要時間 : 22分
    • 西金海IC 総距離 : 12.09㎞ 所要時間 : 26分
    • 進礼IC 総距離 : 23.64㎞ 所要時間 : 33分
    • 東昌原IC 総距離 : 29.58㎞ 所要時間 : 37分
  • 公共交通機関をご利用の場合
    • [バス] 金海旅客ターミナル(バス 上東公営1) : 伽揶ランド入口の停留場で下車、
      所要時間:約52分(徒歩で28分)
    • [バス] 金海旅客ターミナル(バス 上東公営2) : 伽揶ランド入口の停留場で下車、
      所要時間:約1時間 4分(徒歩で32分)
    • [タクシー]金海旅客ターミナル出発 : タクシー代 約9,040ウォン、総距離:5.85㎞   所要時間:約25分
    • シャトルバス利用方法に移動(週末、祝日のご利用):伽揶テーマパークホームページに移動

金海洛東江レールパーク

  • 住所:金海市生林面馬沙路473番キル41
  • お問合せ電話番号:055-333-8359
  • ホームページ:www.ghrp.co.kr

海洛東江レールパークは、金海市生林面馬沙里北谷村の一帯に位置した三浪津から金海へと向かう途中に設置され、既存の廃線鉄道施設物を観光商品として再誕生させた金海市Three Parkのうちの一つで、主要観光資原となっている。
金海洛東江レールパークの細部施設は、金海鉄橋のレールバイク、ワイン洞窟、洛東江鉄橋展望台、ワインカフェで構成されている。全国レールバイク施設の中で、ワイン洞窟、鉄橋展望台など多様な施設が集約的に集まっており、ワンストップでヒーリング・レジャー活動を楽しめる唯一の場所である。また、レールバイクに直接乗って川を横断できる唯一のスポットであるため、異色の経験と思い出を作ることができる新たな形態の観光地である。

金海鉄橋レールバイク

金海洛東江レールパークには、走行時の日差しと雪、雨などの被害を考慮し、キャノピー型レールバイクを用意している。往復3㎞の洛東江鉄橋を家族や恋人とともに横断するレールバイクは、万一の追突事故に備えた安全ベルトと油圧ブレーキ、衝撃吸収用バンパーなどの安全装置を揃えており、利用客の幸せな思い出と安全を守っている。

ワイン洞窟

既存の生林トンネルをリモデリングしたワイン洞窟は、金海の特産物である山イチゴを利用した山いちごワインを展示、及び販売している。また、山いちごのキャラクターである山いちご少女 「ベリー」と一緒に撮るフォトゾーンを用意し、光のトンネルとトリックアートを利用した見どころなどを提供している。

洛東江鉄橋展望台

洛東江鉄橋は、竣工当時に韓国の第2の長さを誇った鉄橋である。鉄橋の下部構造は、日帝強制占領期の1938年9月に着工、1940年4月に竣工したが、上部構造は第2次世界大戦により着工できないまま光復(終戦)を迎えた。大韓民国の政府樹立以降、1950年に着工したが、朝鮮動乱により工事が中断された後、1962年12月22日に竣工された歴史的な鉄橋である。
金海洛東江レールパークは、このような歴史的な産物を観光客とともに感じ楽しめるよう、展望台を造成した。
鉄橋を活用した展望台で、高さ15mの鉄橋の上に上ると大きく広がる周辺の景観が見渡せる。日暮れ時に展望台から眺める日没は王の夕焼けと呼ばれるほど慌惚で、特に王后の夕焼けと呼ばれる盆山城の夕焼けと向かい合っており、願いを祈ると必ず叶うといわれている。

列車カフェ

列車カフェは、80~90年代に運行していたセマウル号列車2両をカフェとしてリモデリングしたもので、鉄路の上を走る列車の中で恋人や家族同士簡単な食事やスナックが楽しめ、かつての汽車旅行の思い出を味わうことができる。金海洛東江レールパークを訪れる観光客に特別な思い出と浪漫をプレゼントしようとする。

交通案内

  • ※ ナビゲーションご利用の際の入力住所 : 慶南金海市生林面馬沙路473番キル41
  • 公共交通機関をご利用の場合
    • [バス] 金海旅客ターミナル(バス 60)ブッコク停留場で下車 : 所要時間: 約1時間21分 (徒歩15分)
    • [タクシー]金海旅客ターミナル出発 : タクシー代 約 22,400ウォン 総距離:20.7㎞ 所要時間:約37分 : 金海洛東江レールパーク· ホームページに移動

金海ロッテ·ウォーターパーク

紹介

2014年5月30日(金)、ロッテ·ウォーターパークが金海市長有面に位置する金海観光流通団地内にサッカー場の約17の大きさの全12 2,777㎡(37千余坪)の敷地にオープンした。ロッテ·ウォーターパークは、ロッテ·ワールド·アドベンチャーが初めてオープンする新規パークで、ロッテ·ワールド·アドベンチャーの成功DNAを土台に直接運営する。
ロッテ·ウォーターパークは、18千余を同時に収容できる大型ウォーターパークで、老若男女がともに楽しめる43のアトラクションが用意されている。ロッテ·ウォーターパークは、南太平洋のポリネシアをテーマとしているとあって、異国的な雰囲気の施設とパークの中央にそびえる高さ38m、幅35mの巨大な火山「ジャイアント∙ボルケーノ(Giant Volcano) が印象的である。
室内ウォーターパークゾーンは、約6,600㎡(2千坪)の規模で、波プール、 水遊び施設、流水プール、スパプール、プールレイプール、キッズプールはもちろん、室内スイングスライド、ボディースライド、チューブスライドといったアトラクションが位置している。巨大な火山が造成された室外の波プールゾーンには、韓国最大規模の波プールをはじめダブル·スイングスライド、トルネード·スライドなど、よりスリルあふれるアトラクションが用意されている。ラピッドリバー·ゾーンには、韓国で初めて導入されたラピッドリバーとファミリー型スライドのリフティングスライド、ジャイアント·ブーメランゴが位置している。トレントリバー・ゾーンには、ウォーターコースター、アクアドロップ、ジェットスライド、レーシングスライド、トレントリバー及びワイルドサーフィンなどのスリル型ライドが体験できる。

公共交通機関をご利用の場合

  • 利用公共交通
    • [バス]金海旅客ターミナル(バス 3-1) : ロッテアウレット停留場で下車、 所要時間:約1時間5分(徒歩17分)
    • [タクシー]金海旅客ターミナル出発 : タクシー料金 約9,100ウォン、総距離:7.80㎞  所要時間:約17分