Welcome to Gimhae Dear respected citizens of Gimhae City and netizens of the world We welcome you to the homepage of Gimhae City


概要

buncheong
Buncheong Celadon Thin Film Tendril Pattern
Bottle (National Treasure No.1067)
Possessed by National Museum of Korea.
韓国で初めて土器が発生したのはBC6000年頃だ。
韓国で初めて土器が発生したのはBC6000年頃だ。

当時韓国の土器は櫛文土器であり南部シベリアで発生し東側では満洲,韓半島に連結され,西の方ではスカンジナビア半島,北部ドイツまで分布する刻文土器文化圏に含まれる。
青銅器時代(BC1000)になり中国陶磁の影響が一部現われるが本格的には鉄器文化の収容と共に入って来た春秋戰国時代の再釉藥陶器技術が伝来された以後から である。
新しい技術の伝来により硬化土の還元炎硬質陶器の製作が可能になり質も多様になって陶磁工芸が日常生活に占める比重が他の材料の工芸より徐々に高くなった。

我が国は9世紀前半新経時代中国との活発な貿易を通じて青磁の製造技術を受け入れることで土器文化圏を脱し自身の文化圏へと進入するようになった。

その後統一新羅時代から作り始めた青磁は12世紀高麗時代に入り発展して当時中国で“高麗青磁の翡色は天下一”と言われる程世界で一番美しい私たちだけの独特な磁器を生産するようになった。当時貴族中心の仏教国家である高麗時代の影響を受けた青磁はその華麗さと洗練さで多くの傑作を残し高麗時代後期を頂点として徐々に消えて行くようになった。

青磁は14・15世紀を経ながら時代的要求に従い変貌して粉青沙器という特別な造形の磁器に転換された。
粉青沙器は青磁の製作技術と造形的伝統を受け継いで発展したもので胎土や釉藥は青磁と似たり寄ったりだが形態と装飾などは青磁と違い青磁が貴族的趣向の纎細な造形であるなら粉青は庶民的趣向の素朴な形態だと言える。
粉青沙器は16世紀,壬辰の乱を通じて日本に伝播し日本の磁器の発展の時となった。当時日本は磁器を生産することができず木器と土器を使う水準だったが日本人たちが陶磁器戦争だと称す程多くの韓国の陶工たちを日本に連れて行き陶磁器を生産するようにして磁器を生産することができるようになった。壬辰の乱で我が国全国の窯が破壊され多くの陶工たちが日本に引かれて行くことにより粉青沙器の全盛期は幕を閉じるようになった。

朝鮮王朝時代を代表する白磁は耐火度が高い高嶺土で製作された。白磁はすでに高麗初期から一部製作されていたが朝鮮王朝時代に大いに盛んになり現代に至るまで陶磁工芸の中心となっている。
朝鮮の白磁は朝鮮社会の指導的理念であった性理学的工芸観によって質素,倹約を造形の原則として多様な色彩やぜいたくな飾りを止揚し簡潔でたおやかな美しい造形美を成した。
しかし朝鮮の白磁は開花期を経ながら産業化された生産世界を取り揃えた日本及び資本主義国家の産業磁器の流入で徐々に衰退しながら日本植民地時代に完全に消滅した。

日本帝国強制占領期間に日本の産業資本と技術が国内に流入されて西欧式産業磁器が始まり日本人たちの尚古主義的趣向によって高麗青磁と朝鮮王朝時代の粉青,白磁が伝承陶磁の形態で製作された。

解放以後韓国陶磁工芸は他の工芸と共に時代的に難しい影響を受けるしかなかった。
伝統工芸としての陶磁器は関心の領域から脱し,何人かの陶工たちによってなんとか命脈を引き継いだだけでありそれさえも伝統的な製作技法は受け継がれていかなかった。
韓国経済が産業化段階に入りながら民間の会社などにより西欧式産業陶磁器が生産され始めて実用的な目的で使われ始めた。

1970年代後半から伝統工芸に対する関心が高まり始めながら沈滞した伝統陶磁工芸に対する社会的関心も増え,専門教育を受けた専門人たちも排出されて現代的感覚に試図される新しい形態の陶磁工芸が発達し始めた。
これと共に脈が切れた伝統工芸の技法をいかそうとする努力が続いている。