Welcome to Gimhae Dear respected citizens of Gimhae City and netizens of the world We welcome you to the homepage of Gimhae City


早くから始まり, 輝 かしく発展

金海の陶磁環境
金海の陶磁環境  昔から南海岸地域は、肥沃な堆積土によって農業が達し、水や木を始めとした天然資源が豊富で、も暖で先史時代から今日に至るまで、人が代定着してきた

昔から南海岸地域は、肥沃な堆積土によって農業が達し、水や木を始めとした天然資源が豊富で、も暖で先史時代から今日に至るまで、人が代定着してきた。このような自然環境は陶磁器展においても重要な役割をはたす。陶磁器をくのに必要な良い土やきれいな水、薪になる木が豊富にあったので、早い時期から陶磁器が制作された。

Gimhae Pottery

特に金海地域は器時代から陶磁器文化が花開いた所である。1907年、 一番最初に金海郡里貝塚から見された「金海土器」と呼ばれる器時代の代表的な土器は、洛東江下流を中心とした南海岸一の貝塚文化から出土している。金海土器は、金海地域の時の陶磁器制作技術が優れていたことをわせる。火を扱う技術が非常に達し、この土器は高成ばかりでなく、酸化成から還元成まで導入して作られた。

これは海岸に接しているという地理的影響が大きく作用したと見られる。時弁韓の小のひとつであった金海の伽耶(狗邪)は、海運交易の地理的利点やの生産基盤を利用して韓半島西北部の浪郡及び方郡と交易することで、中の先進文化をたやすく受け入れることができた。また洛東江下流の支流である江流域の天のによって文化の花をかせることができたのである。このように達した文化は土器文化にも大きな影響を及ぼした。

嶺南地域を中心に紀元前3世紀から紀元前1世紀までは露天窯(野き)によって低でいた赤褐色の無文土器が盛んに作られた。

その後紀元前後の時期から閉塞窯(密閉式の窯構造窯)で高でいた灰色の硬質土器が現われ始め、3世紀末までく。これを金海式土器、または瓦質土器というが、これらは土器の形に地域的な差がないため、晋、弁韓共通文化とも言う。 瓦質土器は、2世紀中葉に一度展が見られるが、それを基点にして古式瓦質土器と新式瓦質土器に分される。

Gimhae Pottery

金海土器は同時期の他の無文土器とは違い、きめの細かい胎土を使って作られたものが多い。普通、砂50~60%に 粘土40~50%を混ぜた後、水過程をて精製した。紐作り方法で成形した後、(回台)を回して頸と口の部分を整えて、手や竹の刀、貝などで仕上げ、完成させたと思われる。一部は手捻りで作ることからして、遠心力を利用した成形をした。また成形能力も以前の時代に比べてはるかにに展した。

壺の場合、表面全に格子文や繩蓆文(叩き目)が入っているが、 繩蓆文は蓆模を彫り入れた板を利用して叩いて施文した。この文は中時代の土器でに現われていたが、それが浪郡をて南部地方までわったものと見られている。

金海土器は丸い底を持ったものが多いが、平底が主流だった無文土器とは照的な器形の特である。主な種類に無文土器からの短頸壺、甕、その他に小形壺、花形の器、火鉢形の土器、高杯、甑などがある。器の一方や方に牛角形の取っ手が付いた土器が多いのが特色で、高杯の場合、蓋がなく高台にも穴が開いていなかった。

金海式土器は前にも述べたように、密閉された窯で普通900~1000度の高い度で成された。これは時の製技術の達と密接な連があるように思われる。このすぐれた技術はでの承、展に止まらず、海外にも少なくない影響を及ぼした。金海土器は日本の本島、壱岐、北九州の弥生時代の遺跡からも出土している。

金海土器は、伽耶土器に受けがれ展する。多くの小の連合で成り立っていた伽耶は、結局、統一家を成すことができないまま新羅に合された。伽耶連合の宗主、金官伽耶が今日の金海地域に位置していた。そこには、洛東江流域の肥沃な平野があり、安定した基盤の下に文化が展した。特な統を持っている伽耶土器は、巧みな造形技術を揮し、異形土器や象形土器、高杯が多く制作された。