Welcome to Gimhae Dear respected citizens of Gimhae City and netizens of the world We welcome you to the homepage of Gimhae City


伽耶の土器

一般的に伽耶の土器は 4世紀を基準として、1~3世紀の前期段階と4~6世紀の後期段階に分けらる。前期は熊川の貝塚から出土した土器が中心で、「熊川期」ともいい、赤褐色軟質土器が多く作られたのが特である。3世紀末以後には大部分の土器がさらに硬い灰色硬質土器へと展するが、これを陶質土器という。3世紀末から5世紀初の古式陶質土器の段階で、伽耶の土器は、種類の器形が新たに現れ、急速な展を見せるが、まだ新羅文化との差はあまりはっきりしない。すなわち、の軟質土器が衰退して灰褐色の硬質土器にわり、高杯や各種甕など多くの種類の土器が作られるようになったのである。

Sun baekja

  • Legged dishes
  • Legged dishes
  • Short neck jar
  • Wide mouth pot
  • Corner Cup
Legged dishes
Legged dishes
Short neck jar
Wide mouth pot
Corner Cup

伽耶の土器と言えば、いわゆる4世紀以後に新しい陶磁器制作技術によって、 1000度以上の度でいた硬い材質の硬質土器を言う。成方法による一般的な陶磁器の分類では、土器は露天窯(野き)で低度でいたものをいい、陶器は閉塞窯(密閉された窯)で高度でいたものをいう。そして、これに上を塗って本きしたもの磁器という。こうしてみると、伽耶の土器は大部分「土器」や「磁器」ではなく「陶器」にあたるが, 韓界の一般名にって「伽耶の土器」と呼ばれている。

時、金海、釜山を中心とした地域は他の地域と異なる特な土器文化を形成していた。高杯の場合、釜山金海式の土器とこれらの地域を除いた他の嶺南地域の土器は、お互いに違う式を示している。このように、4世紀の嶺南地域の土器は、2大文化を形成していた。そして、4世紀末から5世紀初になって、これらの土器は大きく洛東江を境にして、東の地域は新羅式の土器が、西の地域は加耶式の土器がく使われるようになった。

5世紀前半から6世紀中葉の後期加耶時代では、伽耶の土器が新式陶質土器段階に入る。この時代は洛東江の東沿岸地域の土器が新たに新羅式の特をもつようになり、典型的な伽耶の土器と新羅土器が別されるようになる。しかし、6世紀中葉に加耶が滅亡してから7世紀中葉までの陶質土器後期は、嶺南地域のすべての土器式が新羅式に統一されるので、これを統一式土器とも呼ぶ。

新羅式の土器は、2段の透窓が上下交互にあり、大部分の土器が直線的な感じをえる形をしている。それに比べて加耶式の土器は、2段の透窓が上下一直線に表現されており、大部分の土器の形は柔らかい曲線を成している。

特に伽耶の土器は、同じ種類の土器でも新羅土器に比べて、手際よく巧みに作られており、新羅地域ではあまり見られない動物、家、履き物、舟、車、油皿などの象形土器や用途がわからない異形土器などが作られたのが特的である。また伽耶の土器は副葬品用に多く制作された。掘された土器には、死者のための食べ物が盛られており、騎馬人物型土器、角杯、舟形土器、家形土器など各種の異形土器は死者を死後の世界に送る葬送の意味を含んでいることが明かになった。

硬質土器の外に、酸化でかれた赤褐色軟質土器も一に作られ、使われた。赤褐色軟質土器は、主に火にかける土器である甑や日常的な生活に使われる水甕、甕、鉢のような器種にく使われた。

い意味での伽耶の土器は、5~6世紀の加耶地域から出土した新式陶質土器のみをいうが、い意味での伽耶の土器は紀元前1世紀から6世紀中葉までの加耶地域から出土した無文土器、瓦質土器、陶質土器と赤褐色軟質土器などをすべて指す。

このような伽耶の土器は金海土器の統を引きいでいるもので、日本にもえられ、日本の古墳時代の代表的な土器である須器の生に直接的な影響をえたと考えられる。

前に述べたように、金海地域で作られた金海土器は伽耶の土器へと受けがれ、さらに新羅土器と統一新羅土器に至るまで綿とその統が受けがれていく。他の地域より早い時期から高い水準の陶磁器制作が可能だった金海は、韓陶磁史において重要な位置を占めている。