Welcome to Gimhae Dear respected citizens of Gimhae City and netizens of the world We welcome you to the homepage of Gimhae City


金海陶芸協会紹介

Gimhae Pottery Association 金海陶芸協会

本協は金海地域で陶芸作業を業にしている80人余りの陶工たちから成り立っています。本協の沿革から見ても分かるように20余年間の史を持っており,協各員の親睦企はもちろん年定期的に員たちの作品による展示も開いています。
なによりも年陶磁器祭りを開催して金海地域陶芸産業を育成展させるのに大きな役割りを成しております。

金海陶芸村の由

金海地域の陶芸東方は進禮地域を中心に長有,進永,生林,翰林等に分布している
1960年代後半,陶器工房は何箇所か命脈を維持してたが大きな力にはならないまま流れたのち,1974年頃日本人水(シミズ)さんが全を踏査した後風土が適格な金海長有を選しカラク窯を運して粉沙器を製作したことが金海地域工房の火の元と見られる。

その後在日同胞であるキム.チュンシクさんが1975年頃進禮に金海窯を設立して茶碗,水差し,生活陶磁器など粉沙器を主として製作し金海陶芸が根付き始めた。 1980年代に立ち入ると進禮を中心に陶芸工房が位置付き始めながら陶芸工房のが急激にえ,現在進禮地域に80個と金海地域全に120余個の窯場がある。

金海地域で生産する大部分の陶磁器が粉沙器で,食生活に活用することができる生活陶磁器を中心に製作している。
大部分の陶芸人たちが統の脈を引きぐ色な形態の作業方法を究しており, 30~40代の若い陶芸人たちが主流を成していて金海陶芸の未は明るいものと見られる。
私たちの統性を究して製品形態及び行山などを考慮し商品としての規格化及び性と統性を重視して工房に自性を活かしたデザインで多化及び高級化がいかされている。金海陶芸工房は用を土台にした陶磁文化の大衆化と陶芸工房の活性化に大きい寄をなして,芸術性を兼備して現代人の生活オダメド工芸をも加えてさらに展し引きがれるでしょう。