Welcome to Gimhae Dear respected citizens of Gimhae City and netizens of the world We welcome you to the homepage of Gimhae City


伽耶史の槪觀

六伽耶說は高麗初の傳承で, 實際では十餘個國以上の伽耶小國があった.

伽耶史といえば,およそ金官伽耶 阿羅伽耶などのいわゆる'六伽耶'の名を思い浮かばせます.それなら,伽耶は六個の小國で成り立ち,その小國の名が「某伽耶」であったのはどういう意味でしょうか.

「六伽耶」の名をはじめて載せた資料は高麗末に編纂された『三國遺事』五伽耶條の記錄です.これを注意して見ると,實際では阿羅伽耶 古寧伽耶 大伽耶 星山伽耶 小伽耶 金官伽耶 非火伽耶などの七伽耶の名が出ます.

このような名は『三國遺事』駕洛國記の駕洛國首露王建國神話に付け加えられた六卵說話に重ねてつけられたことで,六伽耶の槪念は新羅末 高麗初の混亂期に後高句麗や後百濟のように生じたものです.したがって「某伽耶」の國名は,それらが小國當時の國名でなく,昔に伽耶連盟の一つの金官國 阿羅國 古冬攬國 星山國(碧珍國) 非火國だったことを表す新羅末 高麗初の名稱でした. 高麗初の認識は正確でなく,『三國遺事』に述べられた7個の伽耶小國の一部が實際に伽耶連盟 の小國だったことは確ではありません.そのうえ,伽耶土器の出土範圍から見ると,伽耶連盟 を成す小國の數は六個にやまなくて十個國を越えています.