Welcome to Gimhae Dear respected citizens of Gimhae City and netizens of the world We welcome you to the homepage of Gimhae City


衣生活

본문 메뉴

衣服の材料

紡錘車

現在まで知られている文獻や考古資料を通じて,伽耶人の服飾と依生活を復元する。 『三國志』には,弁辰の人たちが "蠶桑に詳しく, と布を作る","廣幅の細布を作る"などの衣生活に關する記錄があります。 は絹の高級織物を言いますが,中國では漢代に支配層は 布で單衣物をつくってました。廣幅の細布は,麻の一種である 麻であんだ纖細な織物で,これもまた高級な織物です。細く編んだ帛を示す綾もありました。綾は,白く霞がかかった色柄の厚い生地で,金官伽耶の許王后が嫁入りの時,綾峴で絹の肌着を脫いで山神に捧げたという記錄もあり,やはり伽耶の支配層は早くから着ていたことが分かります。

布と綾の次に良い織物には 布があります。 布は品質の愕いまゆ(繭)を綿のように膨らませたものから引き出した絲を紡錘車で紡ぎ,その絲で厚く編んだ布を意味します。絹織物と比べて品質は落ちるが,長持ちできる實用的な織物でした。きめ細かく織られた細布があるならば當然, 布のようなきめ細かくない布もあったと思われます。一般の人 は當然,綿布あるいは 布類の織物を多く利用していたことでしょう。機織り技術は,少なくとも三世紀代にはかなり發達していました。伽耶の遺跡からは,多くの紡錘車が出土し,紡績が廣く行われていたことを物語っています。

絃樂器

良質な纖維を作るには,製絲技術の發達が前提となります。伽耶地域では早い時期から樣 な絃樂器がありました。五世紀には伽耶琴という高い水準を誇る絃樂器が作られました。絃樂器には絃が必需品です。音の高低に合わせて,太細かつ頑丈に絃を作る技術がありました。すなわち,絃樂器の發達と纖維の製作技術は,互いに相通ずる側面があります。

纖維は腐蝕しやすいため,考古資料として出土され例はごく稀ですが,慶尙北道高靈の池山洞30號墳では,金銅冠を包んだ纖維の組織が確認されました。金銅冠を包むほどなら,おそらく絹であっただろうと推測できます。池山洞44號と45號墳でも,織物の痕跡は殘っていました。このような伽耶の紡績技術は,日本列島の倭まで傳えられました。